北海道ショアジギングミーティング

北海道でショアジギングに取り組むアングラー同士の交流、親睦を通して、安全意識やマナーの向上を図り、北海道でこの釣りを楽しむ環境をみんなで考えていきましょう。

カテゴリ: 良くあるご質問

皆さんこんばんは。

北海道ショアジギミーティング実行委員の荒です。

今日は参加費についてちょっとお話しを。

携帯のスクリーンショットで申し訳ないですが、まずは予算書をご覧いただいて。

image


この通り、営利目的ではないので収支はプラスマイナス0。

基本的には食事代が1000円で駐車場代が300円です。

会場である「さかずきテラス」さんの駐車場は30台ほど(無料)。

足りない駐車場は隣の旅館の有料駐車場を使わせて頂く事になっております。


この4月に作った予算書には入っていませんが、イベント用の賠責保険も掛けております。

ご面倒かと思いますが保険加入の為、申し込みフォームで氏名、住所、年齢など記入して頂いている次第です。

また、ゴミ拾い用のゴミ袋はご持参して頂けると助かります。

※ゴミ袋の種類は問いません。泊村のご協力で燃えるゴミ・燃えないゴミを問わず一括して処理して頂けるとの事です。

予算の内訳や捕捉は上記の通りですが、なぜわざわざ積丹(泊村)で開催するの?
というご質問も受けます。

実際、札幌市内で開催した方が人は集まるかと思います。

しかし、海を目の前にした開催であれば以前にも書きましたが「釣りに行くそのままの格好」で皆さんにお会いできます。
次に何処かの釣り場で会っても「そのウェアと帽子は!あの時の!」って分かりやすいですよね。

「そのライジャケいいね!動きやすい?」

「グローブ何処の使ってるの?耐久性どう?」

なんて話しも出てくると面白いかなと思ってみたり。

始めたばかりの人やこれから始めたい人には、何故その装備が必要なのか(必要になったのか)現に使っている人に聞くチャンスでもあります。

メーカーやショップは関係なく、ネットのインプレだけでは分からない生の声として聞けると思います。

私も聞いてみたいですし。


もう一つ「裏テーマ」として。

『釣り場にゴミは落とさずお金を落とす』

釣りという「遊び」に行っているんですから、その土地ので美味しい物を食べたり温泉に行ったりお土産を買ったり。

釣り人が地域の人に歓迎される存在になれれば良いなと。

そんな思いもあっての現地(泊村)での開催です。


ちなみに、予算書をよーく見ると参加者75名となっていますが最大収容可能人数です。

現在40名様程お申し込みを頂いておりますが、
まだまだ余裕はあります!
ご参加お待ちしております!

↓オマケ
image

ブリ(イナダ)の口の中に入っているモノはなんでしょう?(笑)

~ミニワークショップって何をするの?~

↓ウィキペディアより抜粋↓
 ワークショップは、学び創造問題解決トレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。会場は公共ホールや、スタジオ美術館カルチャースクールビルの1室、学校教室を利用するなど様々。

workshopとは、本来「作業場」や「工房」を意味するが、現代においては参加者が経験や作業を披露したりディスカッションをしながら、スキルを伸ばす場の意味を持つようになっている


ウィキペディアさんて優秀ですね!
正にこのまま、参加者全員がディスカッションしながら
今後のプラスになる場になればと思っています。


ワークショップの現在考えている内容は、

A:タックルについて(ヘビータックル)
 ⇒ そのタックルが必要になった経緯や体験などの
   意見交換はいかがでしょう^^ 
   今はライトタックルだけどヘビータックルに移行
   したい方も参考になる意見が聞けるかも!?

 B:タックルについて(ライトタックル)
 ⇒ 青物に限らずヒラメも!とかスリリングな
   やり取りはライトタックルならでは。
   使うルアーはジグだけではない!?気軽に手軽に
   出来るのもライトタックルの良い所^^
   これからショアジギングを初めてみたい方もぜひ!

C:安全とマナーについて 
 ⇒ ここが一番大事ですね!ぜひ皆さんで意見交換や
   体験談をディスカッションしたいと思っています。
   こんな危ない目にあった…でもライフジャケットが
   あったおかげで助かった!なんて話もあるかも。



上記の内容はあくまでも「今現在考えている内容」であって 
確定ではありません。

こんな内容の意見交換の場があったら面白いな、
こんな事を聞いてみたいな、
などありましたらどんどんコメント下さい!

実行委員はプロでも指導者でもありませんので、
あくまでも進行役です^^

私たちも色々な方の意見や体験談を聞いてみたいと
思っています。

ポスターにもあるように「みんなで考えよう」
がテーマです!


たくさんの方のご参加お待ちしております^^


★補足★
「参加のみなさんへ」の中にある「当日の持ち物」で
「普段ご使用のタックル、装備」とありますが、
無理にタックルは会場に持ち込まなくても大丈夫です^^
ですが、普段釣りに行く格好で来て頂けるとウェアや
ライフジャケット、シューズの意見交換やインプレも
出来ますし、ショアジギミーティングが終わって
その後釣り場で会った時も分かりやすいですよね^^

また、参考になるか分かりませんが実行委員のタックルも
展示しようと思っています。
ゴミ拾いなどの予定プログラム終了後には自由参加で
タックルを持ち寄って試投会!?
会場の目の前が海ですからね^^

そんな事も考えながら選んだ会場です!


                    

 

↑このページのトップヘ