皆さんこんばんは。

北海道ショアジギングミーティング実行委員です。

本日は選択式ミニワークショップとゴミ拾いの様子をお伝えします。

image

屋外で「始めてのショアジギング」「タックルについて」というワークショップに別れて

image

image

郷委員長(右)と小松委員(中央)を中心に

質疑応答形式でワークショップが進められました。

昨日初めてショアジギングを体験し、色々学ぼうと今回のミーティングに参加してくれた方もいらっしゃいましたし、
image

初めての…とは言いつつも経験者も多く、お互いの情報交換をする感じでノットとかキャストする角度でライントラブルを防げますとか、使用するラインシステムの違いなどが話題にのぼりました。



image

image

「タックルについて」は荒委員と稲沢委員が中心となって、こういう場面はこういったタックルがとか
image

image

気になるロッドを曲げてみたり、魚の取り込み時の抜きあげのコツの話しも
image

珍しいベイトタックルの試投なんかも行われました


image

ワークショップのあとは全員でゴミ拾い
image

弁天島にもゴミ拾いに行きました。
もちろんライフジャケット、スパイクシューズ着用です!
image

皆さんの頑張りでこんなにたくさんのゴミを集める事が出来ました。
回収したゴミは泊村のご厚意で処分して頂ける事に

image

ゴミ拾いの後は郷実行委員長の閉会の挨拶。

image

最後に皆さんで集合写真。
皆さん笑顔です(^^)

第1回北海道ショアジギングミーティングin積丹を終了・解散となりました。


~ここまで当日の様子をお伝えしましたが、参加されていない方の目にはどう写ったでしょうか?
あまり面白くなさそうだと思われたかも切れません。
面白い面白くないという事より安全とマナー向上を主とした目的でプログラムを構成していますので仕方ない事だとも思います。

ですが、参加者の方に書いて頂いたアンケートには「参加して良かった」「為になった」という声も頂いています。

そういったアンケートの声をこのブログでもご紹介すると共に、次回の開催に向けての課題として準備していきたいと思っております。