北海道ショアジギングミーティング

北海道でショアジギングに取り組むアングラー同士の交流、親睦を通して、安全意識やマナーの向上を図り、北海道でこの釣りを楽しむ環境をみんなで考えていきましょう。

皆さんこんばんは。

北海道ショアジギミーティング実行委員ブログ担当の荒です。

今日はこのイベントを開催するにあたり、一つのきっかけとなった出来事を紹介したいと思います。


…昨年の11月、千葉氏と共に戻りの大型ブリを狙って道南の磯を訪れていました。

土曜日の朝に入ったポイントは反応が乏しく、ポイント変える事に。

昼から入ったポイントで千葉氏が4kgクラスを2本キャッチ!

魚の反応はあるので翌日もこのポイントで釣りをしましょう、と駐車場で就寝。

翌日は日曜日という事もあり釣り人も続々と訪れ、まだ暗い3時過ぎに磯に向かう人も居ました…
この頃の日の出の時間は大体6時半、明るくなるのも6時頃です。

晩秋の荒れ気味の磯に暗い内から向かうのは不本意ではありましたが、私達も5時頃に磯に向かいました。

磯の先端付近に到着すると既に数人のアングラーがヘッドライトで海を照らしながら竿を振っています…

私達は波打ち際から40m程離れた少し高い位置で朝食を取ったり雑談しながら明るくなるのを
待ちました。

明るくなりかけた頃から磯の先端中央付近で私達も振り始め、しばらくして千葉氏のジグにヒット!

私はアタリはあったものの、強めの北風とウネリで上手く合わせきれずにヒットに持ち込む事が出来ないでいました。

そんな中、磯の左側に居たアングラーにヒット!惜しくもバラシてしまいました…

それを見て私もプラグタックルに持ち替え、少し風裏になる磯の左側のワンドへ移動。

1投目でプラグにヒット!無事4kgクラスをキャッチ。

プラグへの反応がかなり良い事、魚が左側のワンドに溜まっている様子だと千葉氏に伝え、魚を処理している間に千葉氏に私の入っていた立ち位置に入って貰うと千葉氏にも同サイズが1投目でヒット。

もうここからはお祭り騒ぎの入れ食い状態。

周りのアングラーもプラグに変え、次々とヒットに持ち込んでいます。

千葉氏と数本づつ釣った所で冷静に周りを見てみると、磯に居る10人程のアングラーの中でヒットしているのは左側のワンドにキャスト出来る4~5人だけで、中央や右側に居るアングラーにはヒットしていません…

左側に入りたいが場所が無いアングラーに声を掛け、魚をキャッチしたら交代して数人でローテーションしながら一つの立ち位置に入る事に。

私も「次入りまーす!」「キャストしまーす!」と声を掛けながら空いた場所に入り、更に数本キャッチ。

周りのアングラーもお互い声を掛け合いながら、ローテーションして次々とヒットしています。

ライトタックルで挑戦しているが何回もラインブレイクしている人には
「頑張ってー!」とか
「リーダー何ポンド?太いリーダーあげようか?」
など周りから声を掛けられています。

磯の右側に居る、まだ釣っていないであろうアングラーにも声を掛けに行きローテーションの輪に入って楽しみましょう!と。

その方にもすぐにヒットし無事キャッチ。

たぶん、あの場所に居た10人程のアングラー全員がキャッチしたと思います。

いがみ合う事なく、皆笑顔で。


「この磯、良い雰囲気ですよね。今」

「何処の場所でもこうやって皆で楽しめれば良いのに」

千葉氏と休憩しながらそんな会話をしていました。


『お祭り』は皆で楽しんだ方がもっと楽しいから…

一歩引いて、一時的にちょっと場所を譲っただけ。

声を掛けただけ。


…釣り場の雰囲気ってちょっとしたきっかけで変わるんです。

これが誰かが無言で割り込んで行ったらどうなっていたでしょう?

我先にと殺伐とした雰囲気になっていたかもしれませんよね?

それって楽しいんでしょうか?


場所を譲れば良いという話しではないんです。

皆で良い雰囲気で楽しく釣りが出来れば。

だから、ショアジギミーティングという『きっかけ』で皆さんでこれからも楽しんでいける環境を作りませんか!

まずは安全とマナーから。

郷 剛史

江別市在住 1971年生まれ

初めまして。これが、きっかけでFacebookを始めることになりました。
郷と申します。

ただただ、釣りが好き 。水辺が好き、魚が好きで、ヘラブナからカレイの遠投、マグロのキャスティングまで 釣るという行為が自分を熱くさせてくれてます。

北海道に産まれて本当に良かったとつくづく思います。

しかし、サケ、カラフト、サクラマスからは、少し遠ざかってしまいました。

ルールやマナーもあるのですが、仲良くしたいのに殺伐としてる……

折角来てるんだから 楽しくやりたい。

誰の場所でもないけど 一声あれば それだけで楽しく充実した一日になるのに……
と離れていった人は少なくないと思います。

ショアジギングは、そんな僕らにはうってつけでした。

昔はやってる人も極僅かで出会った人から経験談やタックルの話を聞いたりと気持ちいい釣りが出来ていました。

近年、青物がショアから気軽に釣れる事がメディアで広まり、またサケやサクラマスの様に我先にの場所取りから始まるのかと思うとなんだか寂しくなってしまいます。

限られてる場所を取られまいと暗いうちから歩き始める人を何度も見た事があります。
「先 行きますね〜」「どこ入りますか〜?」
「〇〇です」「気をつけて〜」たったこれだけの会話でも出来たらいいのに……

ケガや事故は自己責任ではあるけれど、それだけで括れない物があることを自分を含め、皆さんと話し合えたらと思い 参加させて頂くことになりました。

釣り人のマナーの悪さから駐車禁止…立入禁止…釣りをしない人をも巻き込んでることを忘れてはいけないと思います。

当日はいい出会いの場となる事を願いつつ、委員長として挨拶させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

image

佐藤 稔
プロフィール

みなさん、こんばんは。

北海道ショアジギミーティング実行委員の佐藤稔です。

ショアブリは10年以上前ぐらいからやっています。
その頃はブリもほとんど北海道では釣れなくて、しかもショアからはほぼ皆無。
なので当然全然釣れなくて、でもこうかな?ああかな?といつか釣れる!と執念にも似た気持ちでみんなで試行錯誤を繰り返していました。

難しい釣りだからこそ夢中になった気がします。
その頃みんなで積み上げたものが現在のベースなのかもしれません。

今は色々な情報があってどなたも始めやすくなった分、危ないなぁと心配になるような場面もあるような気がします。

青物の引きは手応えがはっきりとグッと来て、食べて美味しく、差し上げても喜ばれます。

ある意味釣りの醍醐味を味わえる楽しい釣りの一つかと思います。

その釣りをみんなでこれからも楽しみ、守り続けていきましょう。
改めて学ぶ気持ちで実行委員に参加させて頂きました。

どうぞよろしくお願いします。

image


↑注:ご本人から、ブリを持った写真が見当たらないので、この写真で勘弁して下さい!
との事です(笑)
ある意味、真冬のサーフでジグを振るのも北海道ならではのショアジギングですよね^^

↑このページのトップヘ