北海道ショアジギングミーティング

北海道でショアジギングに取り組むアングラー同士の交流、親睦を通して、安全意識やマナーの向上を図り、北海道でこの釣りを楽しむ環境をみんなで考えていきましょう。


佐藤 稔です。
去年から実行委員として参加させて頂いています。

image1

写真は13年前、ショアジギングを始めた頃の様子。
危険と背中合わせだと自覚する前なので、お恥ずかしながら我ながらヒヤッとします。
その後、自ら危険な体験をして、取り組む姿勢に変化が現れます。



 自分がショアブリを始めたのは今から十数年前からです。

当時は今を100とすると1とか2くらいの普及率。
道具もポイントも、何もかもが手探りな時期でした。

北海道のブリはおそらく2000年頃から釣れ出したような印象がありますが、
その頃の主な楽しみ方は夜ブリ。

餌釣りかテンテンと呼ばれる和製疑似餌を使用しており、
次第にハイブリッドジグでも狙うようになってきました。

ただ、ショアからブリを狙う人はまず居なくて、
正直、夢物語と異端視される感もあるくらいでした。

岸からフクラギが釣れれば大きな話題になるほど、今とは比較にならないレアな状況です。


ただ、釣り好きならではの掻き立てられる思いから熱心に通っていましたが、
そこで自分は恐ろしい思いもしました。


釣行はいつも友人たちと数人で行っていました。

その時は自分含めて3人、エンドウクラフトの代表、神成さんもその日一緒でした。


岩肌をそれぞれがにじり登っていた時で、自分はつかんでいた岩の塊から両手を滑らせてしまいました。

グローブははいていましたし、乾いた岩場でしたが

背負っていたリュックの重みでおそらく体勢のバランスを崩したように思います。


両手が宙に浮き20m近くの岩場の高所で反り返った姿勢

その場に居合わせた皆が凍りつくくらい、身の危険を感じました。


奇跡的に片方の手で岩の塊を再度つかんで難を乗り切りましたが

その日はそれで辞めました。帰る道すがらも、その時の恐怖を皆で振り返っていました。


あれ以来、その場所には近づいてもいないです。


ネットが今ほど普及する以前、情報のない中での開拓は、
自ら形作っていく期待感から、無意識にハードルを上げていたのかもしれません。

釣りにもならないレベルでただ行って帰ってきたことも何度もあったくらいなので。


熱い思いは時として冷静な判断を鈍らせることもあるのだと実感し
以降は客観的な判断をみなで心がけるようになりました。


自分もこのような経験をしてからなので何も言えないのですが、

何かあってからでは遅いですし、みんなで勉強をしていければ良いなと思っています。





参加申込受付中です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
第2回北海道ショアジギングミーティングin積丹 申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/0836c29a120064





 北海道ショアジギングミーティング実行委員です。


 清掃エリアの拡大について

 昨年のアンケートで多くの方からご意見としていただきました、
 清掃活動エリアの拡大について、各所と協議させて頂いた結果、


 清掃エリアを拡大させていただくことになりました。


 昨年はさかずき地区内だけの清掃ですが、イベント開始前や終了後6月12日までの期間に
 釣り場で多くのゴミを拾って一時預かり場所であるさかずきテラスへ運んでいただきました。

 今年も同様に5月20日のイベント終了後も泊村役場さんで処理して頂くまでの期間、
 さかずきテラスさんのスペースにお預かり頂きますので、釣りの帰り道に拾っていただいて
 そのトンバッグへまとめることが可能です。


 5月20日はイベントスケジュールの時間の関係上、
 午前中の集合時間前に、有志でお願いしたいと思います。
 多くの方のご参加をお待ちいたしております。


 清掃拡大エリアは
 
 ① 泊村 兜岬周辺  
              兜千畳敷駐車場、トイレ前に集合
      名ポイント兜千畳敷の駐車スペースや平盤周辺を予定しています。

 ② 神恵内村 西の河原周辺
      西の河原駐車場 トイレ前に集合
      西の河原駐車場や海岸周辺を予定しています。


 いずれも集合時間は午前9時30分です。
  30分程度の清掃を予定しています。

 各駐車場に担当の実行委員がおりますので、一緒にゴミ拾いをお願いします。
 こちらも、分別の必要はありません。(軍手や火ばさみなどは各自ご用意ください)

 当日の朝、他のエリアで釣りをなさっている方も、事前に収集して頂くのも大歓迎です。
 
 ※ イベントには参加できないけど、これだけ手伝うという方も大歓迎です。
    (ただし、傷害保険は適用外となりますので、十分お気を付けください)




 海底のゴミも

 清掃については、海底の釣りゴミについても収集して頂く事ができるようになりました。

 我々釣り人が根がかりなどで海の中に残してしまったもので、
 陸上の釣り人だけではどうにもなりませんでしたが、
 「さかずきテラス」さんの多大なるご協力を頂き、

 ボランティアダイバーさんに海底の釣りゴミを収集して頂く事ができることになりました。

 こちらの詳細については、改めてご案内させて頂きます。

 

 ご参加の皆様へ

 ご参加いただく皆様へ確認とご案内を、メールにてお送りさせて頂いています。
 毎年赤字のイベントですので、自動配信ではありません
 少々お時間を頂いていることをご理解いただければと思います。

 登録いただいた携帯アドレスの場合は、PCからのメールをはじいてしまう場合が多くなっています。
 申込したのに数日たっても確認メールが届かない場合には、
 お手数ですが下記問い合わせアドレスか、facebookメッセージにてお問い合わせください。


 お問い合わせアドレス
 hokkaido.sj.mtg@gmail.com

 
 以下、メールでお送りしているご参加いただく皆様向けの資料です。
  
スライド1
スライド2


 まだまだ、参加申込受付中です。
 

 どうぞよろしくお願いいたします。

 
 第2回北海道ショアジギングミーティングin積丹 申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/0836c29a120064




 

 

沢山の皆さんのご助力、ご協力をいただき、北海道ショアジギングミーティングin積丹も順調に準備が進んでいます。

誠にありがとうございます。

心から感謝いたします。

 

先日、とある協賛メーカーの代表さんから、とてもありがたいお言葉をいただきました。

失礼ながらこのメーカーさんは小規模で、協賛をお願いしていなかったのですが、代表さんは、自ら協賛を申し出て下さったのです。

 

お話の中で

2回目ですが、40人ほどの人数での開催となりそうで、協賛いただいたメーカーさんには申し訳ありません。」

 

とお伝えしたところ、

 

「このミーティングに来る40人は、現場で、いろんなところでマナーや安全を発信してくれる40人でしょ。そういう意識を持った40人には本当に大きな意味がある。来てくれる参加者全員にそうなってもらうように、皆さんでよい機会を作ってください。」

 

こうおっしゃっていただきました。

 

私はお電話でしたが、感激し人目をはばからずに涙を流してしまいました。

 

実はここまでこぎつけるには、実行委員みんなにそれなりに苦労があるのです。

昨年の様子をみて、理解し応援してくれる皆さんがいらっしゃることに本当にありがたく感じています。

 

 

北海道ショアジギングミーティングは、みんなでこの楽しい釣りをどうやって続けていくことができるかを考える場として、企画運営しています。

 

最近では島牧村での海サクラマスが過熱し、様々なところで注意喚起されていますが、実は積丹半島でも同じようなことが毎年起こっています。きっと、いろんなところで同じことが起こっているはずです。

 

駐車マナー、トイレ、釣り人同士のトラブル、ヒグマ問題、立ち入り禁止エリアへの度重なる侵入、漁具や漁船へのいたずら 犯罪からモラルの問題まで多岐にわたります。

 

自治体では監視カメラの設置やパトロールなどを行ってくれていますが、住民の皆様は釣り人への不満を抱えて我慢しているのが現実です。

 

積丹半島では、既に閉鎖の危機となっている人気ポイントもあるのが実情です。

 

私たち釣り人は、住んでいる所で得られない体験を求めて海や川へ出かけます。
非日常の感覚で出かけるそこにも、所有者や管理者、住んでいる方々がおり、生活や仕事という日常生活の場となっていることを忘れがちです。

我々釣り人は、歓迎される存在でないことは間違いありません。

 

私たちは釣りを通して、自然や海のすばらしさ、恐ろしくも楽しい場所である事をたくさん学んできました。

 

しかし、現実は次々と思い出のあるポイントや環境が、釣りのできない状態になっていっています。

 

 

「楽しめる場所を次の世代に残すこと」

 

 

そのために、私たちが今できることは何なのか

 

誰も教えてはくれません。

みんなで考えたいと思います。

 

520日、積丹半島の小さな村で行う、小さな集まりです。

小さな集まりですが、女性やお子さんもふくめて、
アツい皆さんが集まってくれることになっています。

来ていただければ、きっと「何か」を感じてくれる集まりです。

 

ぜひとも、様々なご意見をお聞かせ下さい。

 

そして、一緒に考えましょう。

 

2回北海道ショアジギングミーティングin積丹 申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/0836c29a120064

 

昨年の様子は過去のブログからご覧いただけます。
http://hsjmtg.blog.jp/

↑このページのトップヘ