北海道ショアジギングミーティング

北海道でショアジギングに取り組むアングラー同士の交流、親睦を通して、安全意識やマナーの向上を図り、北海道でこの釣りを楽しむ環境をみんなで考えていきましょう。

先にゴミ収集の件をブログにアップさせて頂きましたので、収集方法や期限をご確認頂き、この機会に釣り場を綺麗にしていきましょう(^^)

それでは昨日の続き、選択ワークショップの様子からお伝えしていきます。


1527242395778
こちらは千葉氏、稲沢氏チームでヘビータックルや道外遠征について。

1527072842633
稲沢氏からはベイトリール(レバードラグリール)タックルに取り組み始めた理由なども。
大物に切られまくって、スピニングでトラブルが出るような太いリーダーを入れる為にベイトにしたけれど、ベイトの難しさと奥深さの虜に。
ベイトタックルで釣ることの楽しさを追求している現在だとか!

1527242372962
男女群島などに遠征経験のある千葉氏からは、有名な場所でも簡単には釣れない事や遠征時の荷物、渡船での注意点が。

1527242417129
1527242402947
参加者の中にも五島列島に遠征経験者もいて、その時の様子なども交えながら皆さん遠征への夢が膨らんだようです!

1527242367506
こちらは大物に備えてノットの練習かな?


1527242376155
郷実行委員長、荒氏、佐藤氏で海を目の前に飛距離アップの為のキャスティング講座。

1527242378525
1527242388840
1527242386635
ルアーのたらしの長さや押し手引き手のコツ
1527242380957
投げ釣りと同じスリークォーター投法でキャストする郷実行委員長のデモンストレーションや荒実行委員のジャークパターンデモンストレーションなどもありました。


安全に関する全体ワークショップや実釣に関する選択ワークショップ。
各ワークショップが参加された皆さんの参考になっていれば幸いです!


ワークショップの後は全員ゴミ拾い!
1527242587208
警察の方もまた来てくれて一緒ゴミ拾いをして下さいました!
_DSC2074改
弁天島もライフジャケット、スパイスシューズ着用でゴミ拾い!

_DSC2075
未来のアングラーも一緒にゴミ拾い。

_DSC2077


1527242444726
1527242435844
1527242433561
皆さんが力を合わせてたくさんのゴミを回収する事が出来ました!

1526811463603
全員で記念撮影!

1527242467612
記念撮影の後は前に出て話して下さった方や未来のアングラーに協賛品の帽子をプレゼント。
1527242458290



1526988054600
最後は稲沢副実行委員長の挨拶。

挨拶やちょっとした気遣いで変われる事はたくさんあるはずです。
皆さん、今日見て聞いて感じた事を自分の中だけではなく、より多くの人に伝えて下さい。と

  
稲沢副実行委員長の挨拶をもって
「第2回 北海道ショアジギングミーティングin積丹」はケガ人などもなく無事に終了する
事が出来ました。


これはひとえに参加された皆さんを始め、協力して頂いた泊村・神恵内村の警察の方、泊村役場の方々、協賛して下さいました各メーカー様、会場を提供してくださったさかずきテラス様、海中のゴミ拾いをしてくださったボランティアダイバーさんやポセイドン様。

参加は出来なくても応援して下さった皆様。

多くの方に支えられて開催、無事終了出来た事を改めて感謝致します。

ありがとうございました!

また、参加されていない方でもこのブログを見て何かを感じて戴けたなら何か一つ、挨拶でもゴミを一つ拾う事でも小さな事からで結構ですので「未来へ繋がる」アクションをお願いしたいと思います。
1527242569855
未来のアングラーの為にも。


 皆様、北海道ショアジギングミーティングin積丹へのご参加、応援ありがとうございます。

 今年度も泊村役場、さかずきテラス様のご協力をいただきまして、
 昨年とおなじく、さかずきテラスさんに拾い集めたごみを集積していただいております。

image2
 昨年よりも多くのゴミを拾い集めることができました。

 

image1
 集積したゴミはトンバッグに入れて下さい。


 

 集積したゴミの処理は6月20日以降に、泊村役場様で処理していただきます。
 (正しい締切日は改めてご案内させていただきます。


 それまでの期間、西積丹で釣りの際に拾い集めたゴミを一緒に集積していただくことができます。
 現在のところ、トンバッグに3つ以上の量となっておりますが、トンバッグはまだ余裕があります。
 拾い集めるゴミは、分別の必要はありません。


 ヒグマの出没地域ですので、エサや撒き餌などの生ごみはご遠慮ください。

   集積しておくことでヒグマをはじめ野生動物を呼んでしまう可能性があります。

   ヒグマの出没は地元の方を危険にさらします。

   これは絶対に守ってください!


 集めたゴミはトンバッグにいれてしっかりと口を結んでください。
  
   においの防止や雨の流入を防ぐためです。


 家庭ごみなどの持ち込みはご遠慮ください。


 さかずきテラスさんはゴミ捨て場ではありません。
 我々が釣り場で拾い集めたゴミを、ご好意で置いていただいているだけです。

 さかずきテラスさんにご迷惑をかけることないよう
 ご理解ください。
 なにとぞよろしくお願いいたします。

 きれいな釣り場で、気持ちよく楽しみたいですね!


こんばんは。
北海道ショアジギングミーティング実行委員です。

一日空いてしまい申し訳ございません。

それでは前回に引き続き、参加者の体験談を交えたワークショップの様子をお伝え致します。


1526988045901
この方は大物とのファイトで足元がオーバーハングした場所で魚に真下に走られ、魚に引っ張られて海に落ちそうになった事(船で手すりなどの全くない船縁に立ち、支えるものが無い中で船の真下に走られたような状態と言えば分かりやすいでしょうか)や、マグロとのファイトでも同じように海に引きずり込まれそうになった(残念ながら完敗だったそうです)事から、安全マージンを取って数歩前に出ても大丈夫な立ち位置をマイルールとしたり、ウェットスーツなども導入してより一層安全に気を使うようになったと話して下さいました。
ウェットスーツは泳いで渡る為ではなく、水の抵抗が少ないので波を受けても波に押されて海に落ちる事を避ける為や、もし落ちた時の防具としてが目的だとの事です。
間違ってもムチャをするためではなく、身を守るものとして安全の為に着用されているんですね!

1527072287857
副実行委員長の稲沢氏からも同行者が3m級のサメとファイトした時の話しがありました。
最初に小型のブリかヒラメが掛かり、その魚が途中でサメに襲われて壮絶ファイトが開始!!
体ごと持って行かれそうなファイトになんとか耐えていたが、最終的にはドラグが焼き付きラインブレイク…
それほどヘビータックルではなかったのが幸い?して大事には至らなかったが、自分に合ったタックルやドラグ設定も大事でむやみにヘビータックルにする事やガチガチに締めたドラグは危険を伴うとも言っていました。

1527072295267
実行委員の千葉氏からはファーストエイド(応急手当)キットの話しがありました。
捻挫癖のある千葉氏はいつも持ち歩いていて、釣りの帰りにゴロタ場で足を挫いてしまって動けなくなってしまったが、ファーストエイドキットに入れていたテーピングで足首を固定してなんとか車まで戻れたそうです。
ヒグマも出没する場所で、動けないまま一晩を過ごす事にならなくて良かったと言っていました。
他にも消毒液や三角巾、伸縮包帯、絆創膏、爪切り、毛抜き、滅菌ガーゼ、ウェットティッシュ、CPR用のフェイスシールド等を入れているそうです。「備えあれば憂い無し」ですね!


全員参加のワークショップの最後は思いがけない魚との壮絶ファイトでも話しが出たドラグ値って実際どうなの?というのを何名かに体験して貰いました。
1527072346300
DSC_1887

ドラグチェッカーを使って一般的な5kgに設定。
1527072352088
1527072354593

5kgのドラグ値でも耐えるのは結構ツラいものです。
同じ5kgのドラグ値でも「曲げて獲る」ような体への負担が少ないロッドと、反発力の強いヘビーロッドでは体に掛かる負担も違う事も体験して貰いました。
1527072392710
実行委員の千葉氏扮する100kg超級!?「チバマグロ」の突然のダッシュに耐える!
1527072397801
応戦する参加者(笑)
かなり盛り上がりました!

5kgのドラグ値では体が持って行かれそうになる前にラインが出ていくので安全マージンとも言えますが、慣れないヘビータックルでの高すぎるドラグ値は危険を伴う事もあります。
タックルバランスや経験値、狙う魚によってドラグ値は変わってくると思いますが、実際にドラグ値を測った事のある参加者も少なく、自分のタックルで普段のドラグ値の確認やどれくらいまでなら耐えられそうか、という目安になるかな? と思っていましたが、チバマグロの奮闘で大いに盛り上がったドラグ値設定体験でした!

  
~次回は選択ワークショップの様子とゴミ拾い、閉会式をお伝えし当日の様子の最終話となります。




↑このページのトップヘ